上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団は、5月にプラハの春音楽祭とウィーン芸術週間に出演するヨーロッパツアーを行います。

【予定】

ウィーン芸術週間(場所:コンツェルトハウス)
5/21
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「妖精の口づけ」からディヴェルティメント
ストラヴィンスキー:3楽章の交響曲
チャイコフスキー:交響曲第1番「冬の日の幻想」

5/22
コープランド:交響曲第2番
マーラー:子どもの不思議な角笛(バリトン:トーマス・ハンプソン)
R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」


プラハの春音楽祭(場所:スメタナホール)
5/24→5/21と同じプログラム
5/25→5/22と同じプログラム


彼らは、4・5月(トーマス・ハンプソン出演は5/10~13)にサンフランシスコで全く同じプログラムを取り上げた後、ツアーに出ます。

トーマス・ハンプソンとツアーしてしまう豪華さ。勝負に出た?

スメタナホールは、独特の歴史と雰囲気を感じさせるホールですが、細かい音楽をクリアに聴くようにできてはいないから、音楽を聴くにはコンツェルトハウスの方がいいかもしれません。

ウィーン芸術週間のプログラムを見ていたら、音楽以外の分野の催しの充実度にびっくりだし、音楽だけ見ても、意欲的なプログラムが並んでいます。


ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団は、この後9月にもルツェルン等に出演するヨーロッパツアーを予定。

彼らは、アメリカン航空がオフィシャル・キャリヤーですから、何回だって行きます!このあたりのスポンサー構成もさすがです。

プラハの春音楽祭ウェブサイト
ウィーン芸術週間ウェブサイト
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/89-7b0494b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。