上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンフランシスコ交響楽団のサイトには、「コンサートコンシェルジェ」というコーナーがあります。

これは、クラシック音楽に詳しくなくて、コンサートをどう選んだら良いかよくわからない人に、チョイスのお手伝いをしようというものです。

まず、【スタッフのおすすめ】を選んでみます。

そうすると、おすすめ公演がアーティストの写真とともに表示されます。チケットの割引などをやっている場合はその表示、初めての方向けのコンサートに関するFAQもここで見られるようになっています。

そして、公演の詳細情報、チケット購入へと進むことができます。

今度は、【自分で選ぶ】を選んでみます。

次の4つの項目について、自分の好みをチェックするようになっています。
1. 音楽の雰囲気
軽い・楽しい・ドラマチックなど
2. 楽器の構成
ピアノやヴァイオリンのソロ・合唱・フルオーケストラなど
3. 曲の時代区分
バロック・古典・ロマン・20世紀・コンテンポラリー
4. いつのコンサートか(1か月単位)

そうすると、おすすめ公演が表示されます。後は【スタッフのおすすめ】と同じです。

初めての方向けの案内では、‘シンフォニーに関する5つの誤解’として、服装・拍手のタイミング・かしこまって聴くのか?・携帯電話・咳について触れていて、ちょっと笑えます。

私が行ったとき、マーラーの4番で1楽章が終わったときに拍手が起きました。「Great!」という声を発しながら。

でも、そんなことに眉をひそめたりはしないのです。彼らは。

アーノンクールの振るオペラなど、歌手がどんなに素晴らしくても、ここは劇的な流れからすると拍手はしないで、次のレチタティーヴォにすぐ入るべきだろうなどと、聴く側も判断する必要があって、それを見誤って拍手する人がいたりすると、ものすごい「しっ」という叱責音が他のお客さんから発せられたりしますが、これとはかけ離れた世界です。

こういう雰囲気の中で、あの練り上げた音楽を披露している彼ら。まさに「Great!」楽しいです。

コンサートコンシェルジェはこちら
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/98-4d57f160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。